• [Cancelled]Atsuko Ohori with Concert Masters of The Warsaw National Philharmonic Orchestra 2019

【公演中止】大堀 敦子 with ワルシャワ・フィル コンサートマスターズ ピアノトリオの夕べ

日時:
2019年07月12日(金) 18時開場 18時半開演 
会場:
浜離宮朝日ホール
席種 チケット価格 残席状態 枚数
全席自由 ¥5,000 売り切れ 売り切れ

2019.05.20 公演中止のお知らせ

7月12日(金)に浜離宮朝日ホールにて公演を予定しておりました
「大堀 敦子 with ワルシャワ・フィル コンサートマスターズ ピアノトリオの夕べ」につきまして出演者の体調不良により急遽公演を中止させていただくこととなりました。

ご来場を楽しみにしていらっしゃったお客様には、大変ご迷惑をおかけいたしますこと、深くお詫び申し上げます。何卒ご容赦を賜りますようお願いいたします。

尚、代替公演の予定はございませんのでご了承ください。

ご購入いただきましたチケットにつきましては、払い戻しをさせていただきます。
現在お持ちのチケットは、払い戻しの際に必要となりますので、必ずお手元にお持ちください。

曲目

モーツァルト:ピアノ三重奏曲 第6(4)番 ハ長調 K.548
ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲 第2番 ト長調 作品1-2 
休憩
シューベルト:ピアノ三重奏曲 第2番 変ホ長調 作品100 

W.A.Mozart: Piano Trio in C major, K.548
L.v.Beethoven: Piano Trio in G major, Op.1-2
************************
F.Schubert: Piano Trio in E-flat major, Op.100

プロフィール

ピアノ


大堀 敦子(Pf.) Atsuko OHORI

1948年、東京音楽学校(現・東京藝術大学)卒業。
1950年、同校研究科修了。高折宮次、レオニード・クロイツァーに師事。1949年、デビューリサイタルの後、ソロ・リサイタル、NHK交響楽団をはじめ主要オーケストラとの協演。妹、洋子とのピアノ・デュオやその他室内楽にて日本全国で演奏活動を行う。その他、放送、テレビ、レコード吹き込みなどでも活動。
1960年、W.スタフォンハーゲン、吉田貴寿氏らとベートーヴェン・トリオを結成し全国で演奏活動。1956年~91年迄の35年間日本音楽コンクールの審査員を務める。1963年、ルドルフ・ゼルキン氏の招きでマルボーロ音楽祭参加。数多くの室内楽曲を研鑽・演奏。1978年、チェコスロヴァキア文化庁の招きで「プラハの春音楽祭」に出席。2002年、2004年、2007年、ツェギェルスキ(Vn.)、コシュラーチュ(Vc.)氏らと「ピアノ・トリオの夕べ」開催。2008年C.D.「大堀敦子ピアノ小品集」をEMIミュージックジャパンよりリリース。2012年、2014年、2017年ツェギェルスキ、プトフスキ氏と「ピアノ・トリオの夕べ」開催。山形大学教育学部特設音楽科教授を経て、1969年より愛知県立芸術大学教授として後進の指導にあたる。現在、同大学名誉教授。

ヴァイオリン


ピオトル ツェギェルスキ Piotr CEGIELSKI(Vn.)

【ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団 元コンサートマスター】
1975年、モスクワのP.チャイコフスキー音楽院でダヴィッド・オイストラフのクラスを卒業。1979年キエフのヴァイオリン・コンクールに入賞、1979から91年まで当地の国立オペラ・バレエ管弦楽団のソリスト・コンサートマスターをつとめる。1991年より2018年までワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターとして、ヨーロッパ諸国をはじめアメリカ、カナダ、日本、韓国などを演奏旅行で訪れている。一方、ソリスト・室内楽奏者としても活躍しており、1997年には名古屋で開催された国際室内楽フェスティバルの開幕に参加。また1998年12月にはワルシャワ国立劇場にて、国際的に名声の高いナイジェル・ケネディとJ.S.バッハの“2つのヴァイオリンのための協奏曲”を共演した。

チェロ


ロベルト プトフスキ Robert PUTOWSKI(Vc.)

【ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団 チェロ・ソロイスト】
ワルシャワ生まれ。フレデリック・ショパン音楽アカデミー在学中、青少年のためのポーランドチェロ・コンクール(エルブロンク)、第1回ヴィトルト・ルトスワフスキ国際チェロ・コンクール(ワルシャワ)等数々の主要コンクールにて優勝。2003年ユトレヒト音楽院を首席で卒業。在学中、スウェーリンク・コンクール(アムステルダム)にて受賞、リシャルト・ホル賞を授与される。1997年よりイベリア・チェロ八重奏団にて活躍、2008年から2009年まで首席チェリスト兼芸術監督を務める。ソリストとしても活躍する傍ら、アムステルダム・シンフォニエッタ、シンフォニア・ロッテルダム等にゲスト首席チェリストとして招かれており、多くの音楽祭にも招待されている。2012年1月に、当時のチェロ・コンサートマスター、カジミェシュ・コシュラッチ氏の定年退職に伴い、ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団のチェロ・ソロイスト(首席チェロ奏者)に就任した。

お問い合せ・チケット申込

アイエムシーミュージック 03-6907-2535
営業時間 平日10:00~18:00(電話受付10:00~16:00)

2019年3月22日(金)午前10時より一般発売

主催:アイエムシーミュージック
後援:ポーランド広報文化センター

日本・ポーランド国交樹立100周年記念事業