rachel+ofoto+5

RECENT NEWS

2017年 ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール ファイナリスト&聴衆賞受賞

BIOGRAPHY

  • 2008年 アレッサンドロ・カーサグランデ国際ピアノコンクール 第2位&シューベルト賞受賞
  • 2009年 リーズ国際ピアノコンクール 第5位
  • 2010年 第16回ショパン国際ピアノコンクール セミファイナリスト
  • 2012年 第67回ジュネーヴ国際音楽コンクール Georges Leibenson賞受賞
  • 2016年 NYコンサート・アーティスト・ワールドワイド・デビュー・オーディション 特別賞受賞
  • 2017年 第15回ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール ファイナリスト&聴衆賞受賞
  • 2017年 Paris Play-Direct Academy 審査員賞受賞

2018年3月カーネギーホールにてリサイタル・デビュー

「詩人であり、ドラマティックな表現者でもある」「最も洗練されていて説得力のある演奏」(ダラス・モーニング・ニュース)と評されたレイチェル・チャンは、香港ショパン・ソサエティのスポンサーにより、香港シティホールとウルグアイにてデビューする。2005年、第33回香港芸術祭で芸術祭史上最年少でソロリサイタルを開催。キエフで行われたウラディミール・ホロヴィッツの生誕100周年記念コンサートに招待され、また2年連続アメリカツアーに招かれる。また、第9回Musical Olympus International Festival(ロシア)、ドゥシニキ国際ショパン音楽祭(ポーランド)、Virtuosos of Planet2006(ウクライナ・キエフ)、the Festival Transeuropeennes(フランス・ルーアン)、マイアミ国際ピアノフェスティバル、ゴランスキー・インスティテュート国際ピアノフェスティバル、サンバレー国際ピアノフェスティバルにも出演。

2009年ルーブル美術館オーディトリアム(パリ)、スタインウェイホール(ロンドン)、リッチモンド・ヒル芸術センター(トロント)にてデビュー。

室内楽にも積極的に取り組み、これまでにウラディミール・メンデルスゾーン(Vla)、ドン=スク・カン(Vn)、ヤン=エーリク・グスタフソン(Vc)、ニン・フェン(Vl)、Trey Lee (Vc)、ラティカ・ホンダ=ローゼンベルク(Vn)、イェンス=ペーター・マインツ(Vc)、ヴィルピ・ライサネン(Mez)、ジャン・ワン(Vc)、ミシェル・ルティエク(Cl)、ブルーノ・カニーノ(Pf)、ブレンターノ弦楽四重奏団と共演。

これまでにウクライナ国立交響楽団、サンクトペテルブルクフィルハーモニック管弦楽団、ベートーヴェン・オーケストラ・ボン、テンプルスクエア管弦楽団(ソルトレイクシティ)、エルサレム交響楽団、タピオラ・シンフォニエッタ、香港シンフォニエッタ、エド・デ・ワールト指揮 香港フィルハーモニック管弦楽団、サー・マーク・エルダー指揮 ハレ管弦楽団、ウラディミール・アシュケナージ指揮 シドニー交響楽団、エドゥアール・ジルベルカント指揮 NYCA交響楽団、クリストファー・ウォーレン=グリーン指揮 ロンドン室内オーケストラ、レナード・スラットキン指揮 フォートワース交響楽団と共演。

これまでに香港の数々のコンクールで優勝。香港演藝學院にてエレノア・ウォン教授のクラスを最優秀の成績で卒業後、イェール大学でペーター・フランクルに師事、優秀なピアニストに送られるElizabeth Parisot賞を受賞。

2007年6月、初DVD「レイチェル・チャン-鍵盤の神童、マイアミ国際ピアノフェスティバル2005 リサイタルライヴ」を発表(VIAMUSIC)。2009年デビューCDを発表(アルファ・オメガ・サウンド、香港ショパン・ソサエティ)。

2018/19年には、カーネギーホール・ワイルホールでのリサイタルデビューの他、メキシコ、ポーランド、イタリア、イギリス、アメリカでのリサイタル、ガボール・タカーチ=ナジ指揮・ヴェルビエ祝祭室内管、ヤープ・ヴァン・ズヴェーデン指揮・香港フィルとの演奏会が予定されている。

スタインウェイ・アーティスト

VIDEO

Preliminary Round at Van Cliburn International Competition 2017

Franz Schubert – 3 Klavierstucke, D. 946
No. 1 in E-flat Minor, No. 2 in E-flat Major, No. 3 in C Major

Claude Debussy – Preludes, Book I
“Voiles”, “Ce qu’a vu le vent d’ouest”

Franz Liszt – Mephisto Waltz No.1

Marc-Andre Hamelin – Toccata on “L’homme arme”

Semifinal round at Van Cliburn International Competition 2017

with the Fort Worth Symphony Orchestra and Nicholas McGegan

Wolfgang Amadeus Mozart – Piano Concerto No. 20 in D Minor, K. 466
I. Allegro / II. Romance / III. Allegro assai

PHOTOS

Rachel Cheung Finalist and Audience Award 15th Van Cliburn International Piano Competition Mandatory Photo Credit Jeremy Enlow/Cliburn

Rachel Cheung
Finalist and Audience Award
15th Van Cliburn International Piano Competition
Mandatory Photo Credit
Jeremy Enlow/Cliburn

May 30, 2017. Rachel Cheung from Hong Kong performs during the Quarterfinal Round on Tuesday at The Fifteenth Van Cliburn International Piano Competition held at Bass Performance Hall in Fort Worth,  Texas. (Photo Ralph Lauer)

May 30, 2017. Rachel Cheung from Hong Kong performs during the Quarterfinal Round on Tuesday at The Fifteenth Van Cliburn International Piano Competition held at Bass Performance Hall in Fort Worth, Texas. (Photo Ralph Lauer)

May 27, 2017. Rachel Cheung from Hong Kong performs during the Preliminary Round on Saturday of The Fifteenth Van Cliburn International Piano Competition held at Bass Performance Hall in Fort Worth,  Texas. (Photo Ralph Lauer)

May 27, 2017. Rachel Cheung from Hong Kong performs during the Preliminary Round on Saturday of The Fifteenth Van Cliburn International Piano Competition held at Bass Performance Hall in Fort Worth, Texas. (Photo Ralph Lauer)

June 10, 2017.  Rachel Cheung from Hong Kong performs with conductor Leonard Slatkin and the Fort Worth Symphony Orchestra on Saturday in the Final Round of The Fifteenth Van Cliburn International Piano Competition held at Bass Performance Hall in Fort Worth, Texas.  (Photo Carolyn Cruz)

June 10, 2017. Rachel Cheung from Hong Kong performs with conductor Leonard Slatkin and the Fort Worth Symphony Orchestra on Saturday in the Final Round of The Fifteenth Van Cliburn International Piano Competition held at Bass Performance Hall in Fort Worth, Texas. (Photo Carolyn Cruz)

演奏会プログラム

プログラムA

ラモー:「一つ目巨人」、「ミューズたちの語らい」、「雌鶏」
ドビュッシー: 前奏曲集 第1巻
シューベルト: ピアノ・ソナタ 第21番 変ロ長調 D.960

プログラムB

ラモー:「一つ目巨人」、「ミューズたちの語らい」、「雌鶏」
シューマン:クライスレリアーナ
ヤナーチェク:霧の中で
リスト:『詩的で宗教的な調べ』より「孤独の中の神の祝福」、メフィストワルツ 第1番

Rachel Cheung

レイチェル・チャン – Piano

「彼女は詩人であり、またドラマティックな表現者/壮大な劇の創作者でもある。」
―(ダラス・ニュース Scott Cantrell)

「彼女はどの作品も、まるで彫刻家や画家が作品を創造するかのように演奏する。チャンには才能、技術、芸術性の全てが備わっている。」
―(カルチャースポットLA Henry Schlinger)

「多彩な音色、音楽的な雰囲気、そして自由自在な表現-レイチェルはそれら全てを手にしている。」
―(ドゥシニキ・ショパン・フェスティバル・レビュー)

WEBSITE
www.rachelcheung.com
ツアー日程
現在準備中
PRESSKIT
Presskit 2019
CONTACT
IMC MUSIC Agent Dept.
tel: 03-6907-2535
email: harmony@imc-music.net

※本ホームページ内の情報およびプログラムを、無断で他のホームページや印刷物に転用することはお控え下さい。