laprante-by-Peter-Schaff
(C)Peter Schaff

ロマン派音楽の偉大なヴィルトゥオーゾとして評価されているカナダ人ピアニスト。2015年ショパンコンクール2位を受賞した、シャルル・リシャール=アムランを育てたことでも知られている。

BIOGRAPHY

チャイコフスキーコンクール2位受賞

若き日の彼は、ジュネーヴ、シドニーの各コンクールでの活躍につづき、チャイコフスキー国際コンクール(1978)での2位受賞(1位プレトニョフ、同位ドヴァイヨン)を機に国際的に注目を集める存在となる。当時の評論家達の間で、アシュケナージやホロヴィッツ、ルドルフ・ゼルキンなどの往年の巨匠と比され、リスクを恐れぬヴィルトゥオーゾ達の一員として歴史的に名を刻むピアニストの仲間入りをすることとなった。ケベック州音楽評議会より、年間を通して最も優れた公演や演奏家にのみに贈られる名誉あるオーパス賞を複数に渡って受賞している。(1999年ベストコンサート賞、2006年ベスト・アーティスト賞、2010年ベスト・コンサート賞)

カナダ最大のレコード賞の受賞、集める録音作品の数々

アナレクタレーベルから発表された録音から、Felixレコード賞を1995年に「リスト」、1996年「ブラームス」で連続受賞。他にラヴェル、ラフマニノフ、ショパンをリリースしている。また、ラジオ・カナダから発表された、ヨアフ・タルミ指揮のケベック交響楽団との「チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番」は2001年のFelix賞にノミネートされ、CBCレーベルによる「ジャック・エトゥ:ピアノ協奏曲第2番」の録音は2004年のJunoアワードオーケストラ部門を受賞した。

指揮者、オーケストラとの共演

サー・ネヴィル・マリナー指揮ミネソタ響や、アンドリュー・ディヴィス指揮トロント響とのヨーロッパツアーに参加。また過去に、ユーディ・メニューイン指揮ロイヤルフィルハーモニー管弦楽団の北米ツアーにソリストとして抜擢される。他にも、モントリオール響、シカゴ響、カーネギーホールおよびケネディーセンター(ワシントンDC)でのチェコフィルとの共演、サンクトペテルブルグ響などとの共演を含むロシアツアーがある。

数多の音楽祭への招聘

トロント音楽祭、オーフォード音楽祭、ラノディエール国際音楽祭、ドメーヌ・フォルジェ(以上、カナダ)、ドビュッシー音楽祭(フランス)、ペーチ音楽祭(ハンガリー)、ザルツブルグ音楽祭(オーストリア)、TCU-ヴァン・クライバーン、インスティテュート(アメリカ)などの主要な音楽祭にも度々招かれる。

コンクール審査員として

これまでにチャイコフスキー国際ピアノコンクール、オーストラリア国際音楽祭、カナダで最も権威のあるCBCコンクール、ホーネンス国際ピアノコンクール、ウィリアム・カペル国際ピアノコンクール、ヴァン・クライバーンアマチュア国際ピアノコンクールにて審査員を務める。

教育者としての成功、愛弟子シャルル・リシャール=アムラン

2015年までモントリオール音楽院でクラスを持ち、2015年にはショパン国際ピアノコンクールで2位を受賞したシャルル・アムランを輩出した。コンサートのオフシーズンには、カナダ、アメリカを中心にセミナーにおいて熱心な指導でも知られている。

(2016年4月現在)

INTERVIEW

“1980年初頭に、ユーディ・メニューインと演奏するようになりました。偉大な音楽家と演奏し、フレーズ、リズム、また様々なニュアンスについて尋ねることは若い時分の私にとって大変貴重なことでした。彼は深みのある人物で、私は本当に多くの刺激をもらい、さらに彼を通じてコルトーやホロヴィッツに代表される偉大なるピアニストたちに通じる「伝統」を感じることができました。

コルトー、ホロヴィッツ、ルービンシュタインは驚くべき想像力をつかって自由自在に表現することができました。私達にとって、過去に立ちもどり彼らのような偉大な音楽家達の演奏を聴くことは大切なことです。たとえば、ケンプの録音を聴いて、彼がピアノに向かう時になにを考えていたのかを知ろうとすることや、彼の演奏の中にある精神性、彼が纏った周囲のその気配にじっと耳を澄ますということです。とは言っても、彼らが絶対的な「真実」を手にしていたと言うわけではありません。ただ、そこには最大限の想像力でもって表現しようと挑んでいる彼らがいて、そして単なる「よい」「ミスのない」演奏以上の、我々の心を捉えて放さない音楽特有の特別な時間を創りだすことに成功しているのです。

そういった文脈において、近年、「テクノロジー」と「テクニック」の意味が混同されているように感じます。「テクノロジー」とは、ただ何かをするために使うもののことで、本来の「テクニック」は、単に正確に弾く事ではなく、先に触れたルービンシュタインのように、彼の中に表現されるべきイメージを実際に音にするための能力なのです。

「伝統」と「現在」について語ることが難しいのは、自身が個人として、また音楽家として、どのあたりにいるのか見定める必要があるからです。それを知るためには独りで練習するだけでなく、過去にどのような演奏がなされていたのか、現代においてどのような演奏がなされているのか知ること、そして他の音楽家との間で意見交換すること、これらはすべて、音楽家にとって課せられた果てしない学びの道程の一部であるといえます。

覚えておくべき重要なことは、私達が音楽で何をできるかということではなく、音楽が私達にどのように働きかけるのかということです。すなわち、音楽を私達が引き寄せるのではなく、私達が音楽に寄り添っていかねばなりません。それには、正式な教育を受けると同時に内面の成長も促さなければいけない。これは私の根本にある揺るがない考えです。

引用元webページ(Eng)

DISCOGRAPHY

Analekta AN2 9273

「リスト:ソナタ、ペトラルカのソネット他」(Analecta AN2 9273)
‐フェリックス賞受賞(クラシックソロCD部門年間大賞)
‐トロント・スター紙の「年間ディスク大賞」を受賞

Analekta AN2 9270

「ブラームス:ピアノ・ソナタ第3番、2つのラプソディー」(Analecta AN2 9270)
-フェリックス賞受賞(クラシックソロCD部門年間大賞)

Rachmaninov

「ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番」(Analecta)
‐チャイコフスキーコンクール2位受賞時のライブ録音

VIDEO

Suggestion Diabolique

PHOTOS

!AL29429C
!AL29458C

PRESS QUOTE

今やラプラントはカナダの国宝といえるだろう
- TheWholenote.com

円熟期を迎えた巨匠による、深く内省的な体験
- トロント・スター紙

André Laplante

アンドレ・ラプラント – Piano

衝撃のロ短調ソナタ
カナダの国宝級巨匠
招聘決定

2018年4月来日ツアー全日程
4月15日(日)15:00
広島 広島文化学園HBGホール
広島交響楽団 定期演奏会 “愛”
モーツァルト:ピアノ協奏曲第12番イ長調 K.414
4月17日(火)18:45
名古屋 宗次ホール
ソロ・リサイタル
 →詳細情報はこちら
4月19日(木)19:00
新潟 魚沼市小出郷文化会館 大ホール
ソロ・リサイタル
 →詳細情報はこちら
4月21日(土)14:00
東京文化会館 小ホール
ソロ・リサイタル
 →詳細情報はこちら
リサイタル・プログラム
第1部
ショパン
幻想曲 Op.49
ソナタ 第2番 Op.35《葬送》
第2部
リスト
巡礼の年 第2年「イタリア」より ペトラルカのソネット 第104番
ソナタ ロ短調 S.178
PRESSKIT
Download (PDF Document)
主催者様向け
(※解凍にはパスワードが必要です。
詳細はお問い合わせ下さい。)
CONTACT
IMC MUSIC Agent Dept.
tel: 03-6907-2535
email: harmony@imc-music.net
OFFICIAL WEBSITE
http://www.andrelaplante.com/

※本ホームページ内の情報およびプログラムを、無断で他のホームページや印刷物に転用することはお控え下さい。