ハオチェン・チャン ピアノ・リサイタル2014

日時: 2014年5月31日
場所:紀尾井ホール

ハオチェン・チャン ピアノ・リサイタル2014

Haochen Zhang Piano Recital 2014

[2013年11月15日′゚前10時より一般発売開始となります]

Program

  • ブラームス : 3つの間奏曲 Op.117
  • ベートーヴェン : ピアノソナタ第21番 ハ長調 Op.53  “ワルトシュタイン”
  • ショパン : マズルカ Op.17-4, Op.24-2, Op.59-2&3
  • 譚盾 (タン・ドゥン) : 水彩の8つの思い出
  • バルトーク : ピアノ・ソナタ Sz.80
  • (予定)

※曲目は予告なく変更する場合がございます。予めご了承下さい。

♪アーティスト・プロフィールはこちら♪

『A deep dive into a cool lake』

掲載元 THE E / 2014年2月6日掲載 / Copyright 2014 Corvallis Gazette Times.


(Benjamin Ealovega | Contributed photo)

(邦訳)

ピアニストのハオチェン・チャンは今回の選曲について、「冷たい湖に飛び込むような」プログラムと表現している。前半、ショパンのマズルカから始ま る水面へのダイブは、ベートーヴェンのソナタ“ワルトシュタイン”へと曲を追うごとに「段々と深いところへ潜ってゆく」。後半では、ブラームスの“間奏 曲”でより深いところに沈むが、そのあと譚盾(タン・ドゥン)の“8つの水彩の思い出”では湖の表面に浮かびあがり、最後を飾るバルトークの“ソナタ”で 完全に湖面を飛び出す。2009年のヴァン・クライバーンコンクールの優勝者であるチャンは、聴衆をそのようなダイブへと導くのにぴったりのピアニストだ ろう。

プログラムを組む時には、感情の移り変わりを表現できるように考えているとのこと。また、ひとつのプログラムの中で聴衆が様々な比較や対比を感じられるこ とを意識しているそうだ。「音楽にはとてもたくさんの表情があるので、どんなプログラムでもそれぞれの曲のコントラストを楽しんで頂けると嬉しいです。」 そしてもちろん、演奏する曲はチャン自身に語りかけるものでなければならない。「これまで演奏した曲はどれもユニークな個性を持っています。それぞれが異 なった方法で私に語りかけてくるのです。」

彼が演奏会で聴衆に体験してほしいと感じている“旅”と同様、上海出身のチャンもこれまでに大きな旅を経験している。5歳のときに上海音楽ホールでバッ ハ、ハイドン、モーツァルトを演奏しリサイタルデビュー後、2005年にはゲイリー・グラフマン氏のもとで勉強するべく単身渡米したのである。若干23歳 にして、既に約20年の演奏家としてのキャリアを積んでいるチャン。そして、彼の旅はこれからもまだまだ続く。

演奏家としての目標は何だろうか?「演奏家にとって、そして芸術家にとって具体的なゴールを設定することは難しいですが、僕は常に“1年前の自分”と比べ てより良い演奏家になりたいと思っています。」彼にとってピアニストとしての成長とは、名声やお金、CDの売り上げなどとは関係ない。「それは実際とても 抽象的なことだと思います。忘れてしまわないように、いつも心に留めておく必要があると思っています。」

(原文)

Pianist Haochen Zhang suggests you consider his concert program on Sunday afternoon at Oregon State University as a deep dive into a cool lake.“You dive deeper and deeper,” as the program progresses, he said, and the plunge begins with the two opening pieces, Chopin’s “Four Mazurkas,” and Beethoven’s Sonata No. 21, the “Waldstein,” following. After intermission, the dive goes deeper still with Brahms’ “Three Intermezzi,” but then the program starts to move back to the surface, with Tan Dun’s “Eight Memories in Watercolor.” Then, with the finale, Bartok’s Sonata (Sz. 80), “we completely jump out of the surface.”Zhang, who became the youngest gold medal at the Van Cliburn International Piano Competition in 2009, would seem to be an ideal guide for such a dive.

In a recent telephone interview with The E, Zhang said he tries to build programs with an emotional flow in mind. In addition, he said, he looks for pieces offer points of comparison and contrast with the other music on the program: “Music has so many different kinds of expression, we need to look for a degree of these contrasts in every program,” he said. And, of course, the music needs to speak on some level to Zhang: “All of the pieces I’ve played have a unique feeling, a unique atmosphere,” he said. “Most of the music I find speaks to me, but in different degrees, in different ways.”

Just as he hopes his program takes audiences on a journey, it’s been quite a trek the Shanghai native. He gave his debut recital in the Shanghai Music Hall at the age of 5, performing music by Bach, Haydn and Mozart. He moved to the United States in 2005 to study with Gary Graffman. So, even though Zhang’s career as a performing musician goes back nearly two decades, he’s still 23, with decades of performing still ahead of him.

What sort of goals has he set for himself?“For a performer, for an artist, it’s hard to set a specific goal,” he said. “I hope I will always be a better artist than I was a year ago.”And he doesn’t measure that progress in terms of fame, money or CD sales. “It’s something totally abstract,” he said. “I would want to keep that in mind. It’s very easy to get distracted.”

主催・後援

主催:アイエムシーミュージック

後援:後援:中華人民共和国大使館 文化部、日本中国文化交流協会

ご予約・お問い合わせ

アイエムシーチケットセンター
〒107-0062 東京都港区南青山1-26-13 乃木坂ナショナルコート406
TEL: 03-3401-9760 FAX: 03-3401-7674
ticket@imc-music.net

プレイガイド

■電子チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:214-767)
■イープラス http://eplus.jp/
■ローソンチケット 0570-000-407(Lコード:37107)http://l-tike.com/
■東京文化会館チケットサービス 03-5685-0650 http://www.t-bunka.jp/
■紀尾井ホールチケットセンター 03-3237-0061