ケヴィン・ケナー ピアノ・リサイタル2014

日時: 2014年7月12日
場所:津田ホール

ケヴィン・ケナー ピアノ・リサイタル2014

Kevin Kenner Piano Recital 2014

[2013年11月15日′゚前10時より一般発売開始となります]

Program

◆ The Hero’s Journey (英雄の旅路) ◆
~永遠に語り継がれる物語~

  • J.S.バッハ : カプリッチョ 変ロ長調 「最愛の兄の旅立ちにあたって」 BWV992
  • シューベルト : 幻想曲 ハ長調 「さすらい人幻想曲」 D760
  • リスト : バラード 第2番 ロ短調 S.171
  • ベートーヴェン : ピアノ・ソナタ 第31番 変イ長調 Op.110

※曲目は予告なく変更する場合がございます。予めご了承下さい。

♪アーティスト・プロフィールはこちら♪

今回のプログラム “英雄の旅路” によせて

(邦訳)

母親の胎内から出て墓場に入るまで、人はみな旅に出る。その旅路は冒険や危険、試練、そして岐路といったものに満ちている。それは英雄の旅路であ り、旅の物語は人類の歴史が始まったときから、世界の至るところで繰り返し語り継がれ、蓄積されてゆく。神話、民話、宗教、文 学、演劇、映画、視覚芸術、舞踊、そして音楽によって。

学者であり、神話収集家でもあったジョーゼフ・キャンベルによれば、突き詰めてゆくと、たった1つの物語しか存在せず、それが他のすべての物語の 基礎を成している。彼はそれを「単一神話(輪廻)」と名付けた。そして、この偉大なる物語が持つ強大なメッセージを独自の芸術的手法で人々に伝えること、 それが芸術家の役目なのだ。

音楽の最も基礎的な構成でさえ、英雄の旅路について示唆している。たとえば、古典的なソナタ・アレグロ形式は、旅のパターンに基づいて構成されてい ると言えよう。冒頭の提示(第1主題)がもう1つの対照的な提示(第2主題)にぶつかったとき、それが旅の始まりだ。そして旅が進むにつれ、示 された2つの主題が混ざり合い、再形成され、織り合わされ、発展し、しばしば聴衆を遠く、不安定な主和音へと導く(展開部)。しかしながら、最終 的には必ずもとの提示へと戻り、解決に至る(再現部)。

「英雄の旅路」というプログラムは鍵盤楽器の偉大な作曲家-バッハ、シューベルト、リスト、そしてベートーヴェン-による傑作から構成されてお り、それぞれが異なった方法でこのテーマを探求する。

バッハの作品では、旅に出かける兄を思い、長旅で起こりうる危険と最愛の人との別れにともなう心痛を、続くシューベルトでは厳しい実存主義的問題に 立ち向かうロマンチックなさすらい人を、リストでは死んだ英雄レアンドロスをとりまく悲劇的な物語として、そしてベートーヴェンのソナタ Op.110では崇高な霊的旅(そこでは深層において英雄が超越的な至福を達成する)までを描く。

(原文)

From the womb to the tomb, every human being undertakes a journey, a path filled with adventures, perils, ordeals and thresholds. It is the journey of a hero, and the story of this journey has been continuously retold and preserved in every corner of the world since the beginning of human history in its varied forms: in myths, folklore, religion, literature, theatre and film, the visual arts, dance and music.

According to the late scholar and mythographer Joseph Campbell, there is ultimately just one story, which he coined the “monomyth”, that forms the basis of all other stories. And it is the function of the artist to convey to us the powerful messages of this great story in his/her own particular artistic language.

Even some of music’s most basic structures allude to the hero’s journey. The classical sonata-allegro form, for instance, is constructed according to the pattern of a journey: When an initial proposition (Theme I) is confronted with a contrasting proposition (Theme II), a journey commences in which materials of both are examined, reshaped, interwoven and developed, often transporting the listener to distant, unstable tonal centers (Development), but inevitably returning to the original propositions in a state of resolution (Recapitulation).

“The Hero’s Journey” program consists of masterworks by the great keyboard composers -- Bach, Schubert, Liszt and Beethoven -- each exploring the theme in diverse ways: from an actual journey to be embarked upon by Bach’s brother in which both the dangers that commonly plagued long journeys as well as the heartache of separation from loved ones is recounted, to Schubert’s Romantic wanderer confronted by life's hard existential questions, to Liszt’s alleged allusion to the story of the tragic hero Leander who perishes in his quest for love, to the sublimely spiritual odyssey depicted in Beethoven’s Sonata Op. 110 in which the hero, having fathomed the depths, attains transcendent bliss.

主催:アイエムシーミュージック

ご予約・お問い合わせ

アイエムシーチケットセンター
〒107-0062 東京都港区南青山1-26-13 乃木坂ナショナルコート406
TEL: 03-3401-9760 FAX: 03-3401-7674
ticket@imc-music.net

プレイガイド

■電子チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:214-771)
■イープラス http://eplus.jp/
■ローソンチケット 0570-000-407(Lコード:37109)http://l-tike.com/
■東京文化会館チケットサービス 03-5685-0650 http://www.t-bunka.jp/