ワルシャワ・ストリング・カルテット 室内楽の夕べ

日時:2012年6月18日
場所:練馬文化センター 小ホール

ワルシャワ・ストリング・カルテット 室内楽の夕べ

プログラム

  • シューマン :ピアノ五重奏曲 変ホ長調 Op.44(Pf. 鶴澤 奏)
  • ショパン :ピアノ協奏曲 第 2 番 ヘ短調 Op.21(Pf. 若井 晴香)
  • フランク : ヴァイオリン・ソナタ イ長調(Pf. 四元 孝子)
  • モーツァルト :ピアノ四重奏曲 第 1 番 ト短調 K.478(Pf. 木村 友梨香)

※予定

アーティスト・プロフィール

鶴澤奏

1994年生まれ。5歳よりピアノを始める。1999年東京音楽大学付属音楽教室に入室。
ショパン国際ピアノコンクールin ASIA において中学生部門全国大会金賞、高校生部門アジア大会銀賞、コンチェルトA・B部門銀賞、C部門銀賞(金賞無し)等を受賞。全日本学生音楽コンクール第 60回小学校部門東京大会奨励賞、全国大会入選。第63回中学生、65回高校生部門の東京大会入選。第34回PTNAピアノコンペティションF級全国大会 ベスト12賞。

2008年中国シンセン市にて「北京オリンピック記念国際少年ピアノ交流演奏会」、2010年ポーランドのカトヴィッツェにてシレジア交響楽団と共演。そのほか、国内でポーランドクラクフ室内管弦楽団、四重奏楽団プリマ・ヴィスタと共演。

これまでに菊地麗子、鈴木弘尚、清岡登志子の各氏に師事。現在、特待生奨学金を得て東京音楽大学付属高校 ピアノ演奏家コース3年に在籍。

若井 晴香

5歳よりピアノを始める。
東京音楽大学付属高校ピアノ演奏家コースを経て、東京音楽大学ピアノ演奏家コース3年在学中。第7回ヤングアーチストピアノコンクール小学校低学年の部 銀賞。2002年、11歳の時にニューフィル千葉と服部公一のピアノ協奏曲を共演。第1回ヨーロッパ国際ピアノコンクール特級部門第7位。第12回ショパ ン国際ピアノコンクールin ASIA大学生部門アジア大会奨励賞。第12回大阪国際音楽コンクールピアノ部門Age-U入選。第13回ショパン国際ピアノコンクールin ASIAコンチェルトC部門アジア大会努力賞。

これまでに井後まどか、岡崎悦子、関孝弘、川上昌裕の各氏に、現在、菊地麗子、菊地裕介の各氏に師事。

四元 孝子

武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業。東郷和子、鈴木洋各氏に師事。
‘80より演奏活動を始め、これまでに19回のリサイタル、黒岩英臣指揮九州交響楽団、ケネス・シャーマーホン指揮ホンコンフィルハーモニー、鹿児島交響 楽団他、オーケストラとの協演も多数。P.ツェギエルスキー氏とは‘07年(大阪 いずみホール)に続き2度目の共演。第16回・21回南日本音楽コン クール優秀賞受賞。鹿児島市春の新人賞・鹿児島県芸術文化奨励賞受賞。

現在、鹿児島国際大学国際文化学部音楽学科講師、東郷音楽学院講師、日本ピアノ教育連盟・日本演奏連盟会員。新芸術家協会会長。

木村友梨香

北海道岩見沢市出身。4歳よりピアノを始める。
これまでに、ポーランド・クラクフ室内管弦楽団(指揮:ローラント・バーダー氏)、オーケストラHARUKA(指揮:橘直貴氏)と、ピアノ協奏曲を共演。 その他、カワイ表参道コンサートサロン「パウゼ」、日本財団ビル等、多数演奏会に出演。海外に於いて、ベルリンフィルハーモニーコンサートホール、パリ・ コルトーホール、サンクトペテルブルグで演奏会に出演。2010年、カナダ・バンクーバーにてソロリサイタル開催。

在学中3年間特待生奨学金を得て、卒業時に優等賞受賞。2011年第4回ASEAN国際協奏曲コンクール優勝、フランツ・リスト賞受賞。同年第13 回ショパン国際コンクールinASIAプロフェッショナル部門アジア大会銀賞受賞(最高位)。2012年度ヤマハ音楽奨学生。現在東京音楽大学ピアノ演奏 家コース2年、特待奨学生。

これまでに宮澤陽子、宮澤功行の各氏に師事。現在、菊地麗子、鈴木弘尚の両氏に師事。

後援

ポーランド共和国大使館

★★ 上記コンサートに関するご質問などございましたら、こちらまでご連絡ください。

アイエムシーチケットセンター

〒107-0062 東京都港区南青山1-26-13 乃木坂ナショナルコート406
TEL 03-3401-9760  FAX 03-3401-7674  E-mail ticket@imc-music.net