Warsawa Duo

RECENT NEWS


BIOGRAPHY

第1ヴァイオリン:ピオトル・ツェギェルスキ, Piotr CEGIELSKI
ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団コンサートマスター

1975年、モスクワのP.チャイコフスキー音楽院でダヴィッド・オイストラフのクラスを卒業。1979年キエフのヴァイオリン・コンクールに入賞、1979~91年当地の国立オペラ・バレエ管弦楽団のソリスト・コンサートマスターをつとめる。1991年よりワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターとして、ヨーロッパ諸国をはじめアメリカ、カナダ、日本、韓国などを演奏旅行で訪れている。一方、ソリスト・室内楽奏者としても活躍しており、1997年には名古屋で開催された国際室内楽フェスティバルの開幕に参加している。また1998年12月にはワルシャワ国立劇場にて、国際的に名声の高いニゲル・ケネディとJ.S.バッハの”2つのヴァイオリンのための協奏曲”を共演している。

チェロ:ロベルト・プトフスキ, Robert Putowski
ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団 ソロ・チェロ奏者

ワルシャワ生まれ。フレデリック・ショパン音楽アカデミー在学中、青少年のためのポーランドチェロ・コンクール(エルブロンク)、第1回ヴィトルト・ルトスワフスキ国際チェロ・コンクール(ワルシャワ)等数々の主要コンクールにて優勝。2003年ユトレヒト音楽院を首席で卒業。在学中、スウェーリンク・コンクール(アムステルダム)にて受賞、リシャルト・ホル賞を授与される。1997年よりイベリア・チェロ八重奏団にて活躍、2008年から2009年まで首席チェリスト兼芸術監督を務める。ソリストとしても活躍する傍ら、アムステルダム・シンフォニエッタ、シンフォニア・ロッテルダム等にゲスト首席チェリストとして招かれており、多くの音楽祭にも招待されている。2012年1月には、ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団のソロ・チェリストに就任した。

Warsaw Phil Concert Masters

ワルシャワ・フィル・コンサート・マスターズ – String Duo

ショパンコンクールの公式オーケストラであり、ポーランドで最も権威のある「ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団」のトップメンバーで構成されるデュオ

Presskit
準備中
CONTACT
IMC MUSIC Agent Dept.
tel: 03-6970-2535
email: harmony@imc-music.net

※本ホームページ内の情報およびプログラムを、無断で他のホームページや印刷物に転用することはお控え下さい。